芝生を初めて植える│気候や風土に合った品種を選ぶ

果物を家庭で作る

果樹

ガーデニングにある程度慣れてくると、果樹を育てたくなることもあります。どのような品種を選ぼうか悩んだ時は、管理がしやすいサイズの苗木を買ってから始めてみましょう。

もっと読む

地域の風土に合わせる

芝生

ガーデニングを自宅で行なう方も多くなってきましたが、野菜や果物を育てることが難しいと感じている場合はまず、芝生を綺麗に整えることから始めてみると良いでしょう。芝生を綺麗に整えているだけで、家の雰囲気はガラリと変わりますし洗練された外観になります。芝生と言っても様々な品種が存在しているので、自分が住んでいる地域の気候や風土に合わせて選びことが大事です。

芝生の種類は大まかに分けて、西洋芝と日本芝とに分けることができます。日本芝は日本特有の高温多湿の気候でも元気に育つ品種となっています。ホームセンターで販売されている品種もこの日本芝が多いでしょう。設置する場所も選ばないので、庭の敷地から公園のグラウンドなど様々な場所で活躍してくれます。

西洋芝は日本芝と比べると、どこか繊細な雰囲気を醸し出しています。葉も日本芝と比べると細く柔らかいものが多いので、西洋風のガーデニングをする時にマッチするでしょう。しかし、日本芝よりも手入れに手間がかかるので、ガーデニング慣れしている上級者向きの品種と言えるかもしれません。暑さに弱い一面もあるので、北海道や東北地方では青々と茂ることもできますが、九州や沖縄など暑い地域で育てる場合はコストがかかってしまいます。

どちらの品種も、夏は青々と茂って目にも鮮やかな印象になりますが、冬場は冬眠の時期となり、茶色く変色します。日頃から芝刈りや水やりを行ない、除草することや肥料を与えることを忘れないように管理してあげましょう。

基本の道具を用意する

園芸用品

ガーデニングが趣味と言う方も、これから始めようと考えている方も、園芸用品をいくつか購入して用途に合わせて使い分けると、作業の効率が良くなるのでオススメです。まずはシャベルを用意しましょう。

もっと読む

苗は家庭用や贈答用に最適

男女

花の苗や植物の苗は、ある程度育った状態で販売されているので、品種によってはすぐに実や葉を収穫することができるので、初心者にもオススメと言えます。また花束のようにプレゼントすることもできます。

もっと読む